ごあいさつ
「心と身体の調和を大切に─」
  • 「最期は自宅で」という多くの人の願望が叶えられる時代に入りました。
    そしてその多くの願望を叶えられるのは訪問看護の普及にかかっています。
    日本は既に、超高齢社会の中、医療、介護、福祉サービスを提供する多様化が益々求められています。こうした中、医療、介護の中心が病院・施設から在宅へ向かう流れを国が後押ししており、今後もさらに訪問看護ステーションの役割と需要は拡大するものと思われます。
  • 訪問看護は、ニーズが有るにも関わらず需要が顕在化しないのは、「訪問看護」のサービス内容が、「訪問介護とさほど変わらない」と長く認識されてきたことが原因と考えられます。
    本来の介護、リハビリテーションを含む幅広いサービスを提供出来ることを、利用者のみならず看護師、医師にも衆知されるよう営業活動をすることが必要なのです。
    時代のニーズに合った最先端医療としての在宅医療に必要な利用者、高齢含む地域での多職種連携ネットワークが大切になっていますが、まだ福岡においては連携が充分取れていないように伺えます。
  • 「心と身体の調和を大切に─」の思いを胸に、「訪問看護ステーションえんまん」では、看護師、理学療法士、作業療法士等の専門多職種チームで連携を取り、家庭で療養されている方や、病気、怪我で医療的な措置やリハビリテーションが必要な方を訪問し、療養生活についてのご相談の上、看護師が、医療保険・介護保険を使って必要なサービスを行い知識と使命を共有しながら、地域に貢献できるプロチーム作りを目指します。
えんまん株式会社 代表取締役 吉岡 由紀子